ひたすら剃る

カミソリ20歳を超えてヒゲが濃くなってきた頃から、シェーバーを電気から2枚刃のT字カミソリに替えました。
ブラウンの上位機種でけっこうな値段のものだったのですが、ヒゲが太くて濃いので、剃り残しが出てしまうからです。

ヒゲ剃りは毎朝の日課。
面倒くさくてもしないわけにはいきません。
本当は蒸しタオルなどで時間をかけてヒゲを蒸して柔らかくすれば、後の作業も策なのでしょうが、朝の忙しい時間帯にそんなこともしていられません。温度の高いお湯で、ゆっくりとヒゲを濡らしいきます。シェービングクリームをつけ、首のヒゲから剃っていきます。
さすがに首のヒゲは太くてもまだらに生えているので、剃り易い部位かとも思いますが、皮膚も柔らかいので、気をつけないとカミソリ負けを起こしてしまいます。
ヒゲの濃い人はお分かりでしょうが、太くて濃いヒゲは逆剃りしないとキレイに剃れません。
この逆剃りが毛穴の周囲を赤くしたり、時には切り傷を作る原因となります。

太くて濃いヒゲを剃っていると、カミソリの切れ味もすぐに落ちてきます。
もったいないからとケチって使い続けると、そのツケは肌に回ってきます。
切れ味の落ちたカミソリは若干ヒゲに引っ掛かり気味になって、かみそり負けを各所に作ることとなるのです。
カミソリのメーカーを替えてみたり、3枚刃にしたり、シェ−ビングフォームをジェルに変えたりと、いろいろ工夫してみましたが、どれも大差はありませんでした。

一時は早起きして風呂に入り、浴槽にお湯をためて湯船につかってヒゲを柔らかくして剃っていた時期もあります。
カミソリでは、この方法が一番キレイに剃れました。
湯船に鼻の穴が出るギリギリのとこまで顔半分を沈めて、ヒゲを湯に浸して柔らかくするのです。、
ヒケの濃い私が丁寧にヒゲを剃ると、確実に10分以上かかります。
入浴中なら何度もお湯で顔を洗えるので、ヒゲを柔らかくしたまま剃ることが可能でした。
ただこのやり方は、朝入浴しなければいけないのが最大のネックで、タイマー機能が付いていない我が家では、湯船にお湯が溜まる時間も含めると、最低でも一時間以上前に起きなくてはならず、半年ほどでこのやり方は挫折してしまいました。

作業が終わると、濃いヒゲを剃った跡が青々として、いわゆる青髭状態になります。
その青い肌の所々に、赤い切り傷やカミソリ負けが点在する状態が日常でした。
T字カミソリでガッツリ剃ると、皮膚の表面の角質層を削ってしまうので、角質層の働きの一つである保湿機能が失われて、どうしても肌は乾燥してガサガサになります。
その状態の皮膚にアフターシェーブローションをすり込むのだから、剃った部分はヒリヒリとしみてしまいます。
ヒゲを剃るという行為は大変な上、根本的な解決にならないのが辛いところです。
根本的な解決は、ヒゲを脱毛してしまうなどの限られた方法しかありません。

費用や時間、手間のわりには・・・。

乳液
テレビのCMで見かけるヒゲ剃りの場面は、イケメンの外人男性が洗面台の前で、首に真っ白いタオルをかけながら上半身裸で鏡を覗き込んでいるイメージですが、実際は・・・。

私の友人などは3日に一度、5分程度電気カミソリで顔をなでるだけで、いつもヒゲのない清潔感あふれる顔をしていました。
こちらは朝剃っても夜にはある程度伸びてきて、疲れたような見ようによっては不潔なイメージの顔になっています。
体質と言ってしまえばそれまでですが、あまりに不公平だなぁというのが正直な気持ちでした。

ヒゲ剃りに必要なツールは、カミソリ、替え刃、シェービングジェル、アフターシェイブローションなどです。
どれも安価に購入ができますが、全て消耗品なので、年間で換算すると馬鹿にならない金額になります。
また、ヒゲ剃りにかかる時間は計算するのもうんざりするくらいかかると思います。

話はそれるけれど、ヒゲが濃いことのメリットなんてあるんでしょうか?
外国の映画俳優なんかはヒゲの濃い人も多く、アル・パチーノやニコラス・ケイジ、ロバート・デ・ニーロなんかはとてもカッコイイと思うし、女性にも支持されているけれど、顔の彫が深いのも関係あるような気がします。
ヒゲの濃い日本人のイケメンってあまり思い浮かばないな・・・。
普段、女性が好きなタイプを聞かれて、「ヒゲが濃くて、青ヒゲみたくなっている人!」って言ってるのを聞いたことがないしな・・・。

ちょっと愚痴になっちゃいました。
ヒゲをカミソリでなるべくキレイに剃るために、いろいろやってみたけれど、結局は時間や手間を惜しんではダメだという結論に達しました。
その割には満足のいく状態にはならないし、持続時間も短いので、青ヒゲ対策にはならないと思います。
っていうか、これが青ヒゲの原因の一つなんですよね・・・。

Copyright(c) 2011 oddtimerecords.com All Rights Reserved.